初心者Webライターでもできる仕事の取り方を徹底解説

「Webライターをはじめたけど仕事が取れない」

「狙うべき案件がわからない」

「得意ジャンルを生かせる仕事がない」

Webライターは、在宅でも稼げる副業で、プログラミングやブログに比べて取り組みやすい副業です。

ですが、未経験同然の初心者では、なかなか仕事が取りづらいのも事実です。

そこで今回は、初心者ライターが仕事を取る方法や、応募するべき案件について解説します。

Webライターとして月数万円を安定して稼いでいる私が、簡単にはじめられる部分にしぼって解説いたします。ぜひ最後までお読みください。

 

【結論】初心者Webライターはクラウドソーシングで仕事を取るべき

初心者が仕事を取るなら、クラウドソーシングが一番簡単です。

初心者OKの案件が多く、経験がほとんどなくても稼ぐことができます。

2021年11月現在、クラウドソーシングサービス最大級の「クラウドワークス」では、未経験可の仕事は600件以上あります。

これだけチャンスがあるので、ぜひ挑戦してみてください。

おすすめのクラウドソーシングサイトは以下のとおりです。

初心者Webライターが仕事を取る方法を5ステップで紹介

Webライター初心者が仕事を取るには、以下の5つをこなす必要があります。

  1. ライティングの勉強
  2. タスク案件
  3. ポートフォリオ作成
  4. プロフィール作成
  5. 営業文作成

下でひとつずつ解説します。

1. ライティングの勉強をする【最低限でOKです】

最低限ライティングの勉強はしておきましょう。

未経験で案件を取るにしても、仕事である以上基礎知識は必須です。

もし基礎知識がない状態で仕事をしてしまうと、クライアントから厳しい評価をされてしまうかもしれません。

クラウドソーシングでは、一度低評価をされてしまうと、以降仕事が取りづらくなります。

最低限の勉強は確実に行いましょう。

2. タスク案件をこなす

未経験の場合、まずはタスク案件に挑戦するのがおすすめです。

タスク案件は誰でも挑戦が可能です。それでいて実績にもなり、少額ですがお金ももらえます。

さらに、クラウドソーシングのプロフィールには、タスク案件をこなした実績が表示されます。数件でもこなしていれば、クライアントから「最低限の文章を書くスキルがある」と判断してもらいやすいです。

まずはタスク案件から実績を積んでいきましょう。

3. ポートフォリオになる記事を作る

ライターとして仕事を取るなら、ポートフォリオ記事は絶対に必要です。

クライアントは、応募者の実力を判断するために、ポートフォリオの記事を確認します。もし記事がないと、その時点で応募できない案件も多いです。

実際に仕事をする際の練習にもなるので、まずは自分でブログを書いてみましょう。

無料のものでも大丈夫ですが、Webライターの仕事はWordPressを多用します。

できれば最初からWordPressを使いましょう。

4. プロフィールを作成する

プロフィールの作り込みをすると、仕事が取れる確率を大きく上げられます。

しっかり作り込まれたプロフィールがあれば、クライアントに自分の情報や強みを理解してもらえます。

特に、今の仕事や趣味・経験の部分は、初心者にとって大きなアピールポイントになります。

自分の強みをアピールできれば、初心者でも優先して選んでもらえるかもしれません。

5. 営業文を作る

営業文はしっかり作り込みましょう。

もし営業文が適当だと、クライアントから「雑な仕事をする人なのかな」と思われてしまします。

「お仕事させてください、よろしくお願いします」のように、適当な営業文はNGです。

「私には○○という経験があるので、お力になれると思い応募させていただきました」という文を入れるだけでも、説得力が出てきます。

「クライアントの役に立てる」ことを確実に示しましょう。

初心者Webライターが応募するべき案件の特徴

初心者Webライターが応募するべき案件の特徴は、おもに以下の5つです。

  1. 未経験OK
  2. マニュアル完備
  3. 得意・興味のあるジャンル
  4. 文字単価0.3~0.7円の範囲
  5. 文字数が多くて2000~3000字前後

下でひとつずつ解説します。

1. 未経験OK

Webライター初心者は、未経験OKの案件に応募するのがおすすめです。

応募・仕事のハードルが低いので、初心者でも確実に実績をつくれます。

実際、私が未経験OKの仕事をしたときは

  • 修正をお願いされない
  • マニュアルにしたがうだけでいい

など、負担の少ないものがほとんどでした。

まずは簡単なところから、実績を積み上げるのが大切です。

2. マニュアル完備

初心者は、必ずマニュアルのはっきりしている仕事を受けましょう。

書き方が決まっているので、大きな間違いを回避できる可能性が高いです。

ブログ記事のつくり方がわからなくても、マニュアルにしたがえば、クライアントが求める形が勝手にできあがります。

もちろん、マニュアルを守らないと大幅な修正を食らうので気をつけましょう。

3. 得意・興味のあるジャンル

まずは、得意なことや興味のあるジャンルで書きましょう。

これまでの経験や知識が生かせるので、リサーチにあまり時間を使わずにすみます。

また、過去の自分に向けて書くことで説得力をつけられたり、他の記事と差別化できます。

得意ジャンルができると、慣れてから楽なので、意識しましょう。

4. 文字単価0.3~0.7円の範囲

まずは文字単価0.3~0.7円くらいの案件がおすすめです。

安すぎず、初心者前提で募集しているクライアントがほとんどです。

自分も0.5,0.6の案件からはじめました。難しい仕事はもとめられずマニュアルがしっかりしていました。

最初は実績をつくるのが大切なので、単価はあまり気にしないようにしましょう。

5. 文字数が多くて2000~3000字程度

最初は文字数が少なめの仕事から挑戦しましょう。

文字数が多いと、リサーチや執筆が大変です。

最初は1000文字の記事でも時間がかかるので、5000文字以上の案件だと数日で終わらない可能性があります。

私も睡眠時間を削って執筆をした経験がありますが、健康上おすすめしません。

確実に取り組める量の執筆をしましょう。

その他に初心者Webライター向けの仕事の取り方を3つ紹介

  1. SNSで探す
  2. 求人サイトで探す
  3. ブログから仕事をもらう

下でそれぞれ解説します。

1. SNSで探す

クラウドソーシング以外だと、SNSで仕事を探すのがおすすめです。

実際、Twitterなどでは、Webライターを時折募集しているツイートが見られます。

未経験歓迎の物は少ないので覚えておきましょう。

2. 求人サイトで探す

求人サイトでもライター案件は探せます。

未経験Okでのアルバイト・業務委託などの募集がたまにあります。

ですが、条件面が良くないものも多く、採用ハードルも高い傾向にあります。

3. ブログから仕事をもらう

ブログをやっていれば、そこから仕事がもらえます。

すでに十分運営できていれば、技術があると相手に伝わります。

特に、ブログと同じジャンルの仕事は探しやすいです。

とはいえ、初心者がブログ運用とライターを両立させるのは難しいので、基本は経験者向きです。

まとめ

初心者Webライターは、クラウドソーシングで「未経験OK」の仕事を取るのが一番おすすめです。

ひとつずつ実績を積み上げていけば、必ず仕事はもらえます。

焦らずに、一つひとつやるべきことをこなしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました