【この一記事ではじめられる】ブログを書くうえで最低限抑えておきたい基本を解説します

Uncategorized

「ブログを始めたばかりで書き方がよくわからない」

「読んでもらえるサイトを作りたい」

「書くときのコツがあるなら知りたい」

「ブログで稼げるようになりたい!」と思っているのであれば、記事の書き方を覚えるのは必須です。

ですが、はじめたばかりでは何をどう書けばいいかわからないですよね。

今回はブログ記事を書くうえで覚えておきたい基本を、誰でもわかるように徹底的に解説します。

この記事を読めば、今日からでもブログの執筆ができるようになりますので、ぜひ最後までお読みください。

執筆前に必要なこと4つを紹介

ブログの執筆前には、以下の4つが必要になります。

  1. キーワードを決める
  2. 想定読者を決める
  3. タイトル案を考える
  4. 構成を作る

下でひとつずつ解説します。

1. キーワードを決める

ブログを書く前に、まずはキーワードを決めましょう。

ブログでは「SEO」という、Googleの評価基準を意識することが不可欠です。

読者が記事に長く滞在してくれると「ユーザーの悩みを解決できる」とGoogleに評価されます。そこで大切なのがキーワードです。

たとえば「ブログ 書き方」というキーワードを狙うのであれば、内容を「初心者にもできるブログの書き方」にしぼって丁寧に解説すると、ユーザーの滞在時間を増やせてGoogleに評価されます。

キーワードを意識して、読者に長く見てもらえる記事を執筆しましょう。

2. 想定読者の悩みを考える

ブログを書くときは、想定読者の設定が不可欠です。

想定読者のイメージを固めないと、まず記事を読んでもらえません。

ためしに「ブログのはじめ方が全くわからない人」を想定読者として考えてみましょう。

「ブログのはじめ方がわからない人」のゴールは「ブログが執筆できるようになる」です。

ゴールに必要な情報を書くことがブログでは大切です。

必要な情報が何かは、実際にGoogleで検索してみるのが一番確実です。

「上位表示されている=読者のためになっている記事」といえるので、そこにある情報を元に内容を考えましょう。

3. タイトルを考える

記事作成の前に、タイトルを考えてみましょう。

タイトルを先に考えておくと、その先の執筆内容がイメージしやすくなります。

もし同じ内容でも、タイトルが「今おすすめの人気マンガ10選!」であれば、最近はやっているマンガを紹介する記事だと読者は考えます。

一方で「一度読んでほしい名作マンガ10選!」というタイトルなら、すでに完結しているマンガから最近のものまで、幅広く紹介していると判断される可能性があります。

「今人気のマンガ」だけを紹介したいのであれば、前者の方が読者が離脱しません。

このように、タイトルひとつでユーザーの反応が変わるため、先に考えておくとブレがなくなります。

また、タイトルをつくるうえで、以下の5つを意識しましょう。

  1. 前半と後半に分ける
  2. 狙うキーワードを極力左によせる
  3. 数字を入れる
  4. 権威性・専門性を入れる
  5. 最新の情報であることをアピールする

Google上位記事のタイトルを見ると、これらが意識されているのがわかります。

まずは上位記事を参考につくってみましょう。

4. 構成を考える

「タイトルも決まったし、さあ書こう!」となるかもしれませんが、まずは記事の構成をつくりましょう。

構成とは、ブログの設計図のようなものです。大まかにどのような内容にするかを決めていきます。

構成を考えずいきなり書き始めてしまうと、伝えたい情報と不要な部分の判断があいまいになり、まとまりが悪くなってしまいます。

構成のつくり方も、最初はGoogle上位記事を参考にしましょう。

ですが似たり寄ったりになってしまうとパワー負けしてしまいます。

なので、ひとつでもオリジナルの情報を入れて差別化しましょう。

実体験を元にすると「自分にしか書けない内容」になるので非常におすすめです。

ブログを書くためのコツ4選

ブログの書き方のコツはおもに4つあります。

  1. PREP法を使う
  2. 小学生でも読めるような文章を書く
  3. 文章が長くなりすぎないようにする
  4. 数字を活用する

下でひとつずつ解説します。

1. PREP法を使う

ブログでは「PREP法」という書き方がよく使われています。

初心者から上級者までずっと使える書き方です。

PREP法とは

  1. 結論
  2. 理由
  3. 具体例
  4. 結論

の順番で文章を構成する方法です。

最初に結論を持ってくることで、どのような情報が得られるかがわかります。

その後に理由や具体例を示すことで、より詳しい情報を届けることができます。

ですが、文章で説明されただけではイメージしにくいと思います。

PREP法をどのように使えばいいか、実際の文章を見てみましょう。

① 結論…文章を書くにはPREP法を使うのがおすすめです。
② 理由…PREP法を使うと、どのような内容が書いてあるかが相手に伝わりやすくなります。
③ 具体例…人気のブロガーが書く文章は読みやすいですが、よく見るとPREP法が多用されているのがわかります。
④ 再結論…ブログ初心者でも、PREP法を使えば一気に読みやすい文章を作れます。

もちろん、全ての文章をPREP法で書く必要はありません。

文章の流れによっては理由や具体例を省略することができます。

2. 小学生でも読めるような文章を書く

ブログの文章は、小学生でも読めるくらいわかりやすく書きましょう。

特に専門的なテーマを扱う場合は意識しなければいけません。

たとえば、パソコンの知識が全くない方にCPUやSSDについて説明しても理解されません。

「最新の技術を使っていて、もたつきなく動作をしてくれる」とすれば、パソコンの知識がなくても伝わります。

あなたが普段使っている言葉が、読者にとって当たり前ではありません。

読者の立場になって言葉を選びましょう。

3. 文章が長くなりすぎないように

文章が長いブログは読者が疲れてしまうのでNGです。

内容がわかりにくくなり「もう読まなくていいや」と思われて離脱されます。

ブログでは、読者に必要な情報を簡潔に伝えることが大切です。

読者目線を忘れずに、ストレスを与えない読みやすい文章をつくりましょう。

4. 数字の活用

数字を使うことで、文章に具体性を持たせることができます。

内容を確実に伝えるのに、数字はとても便利です。

携帯会社を紹介する場合に「料金が他社より安い」より「他社より月額300円安い」にした方がメリットが伝わります。

使える場面では、数字を活用してわかりやすくしましょう。

執筆が完了したらやるべき3つのこと

執筆が完了したらやるべきことは、おもに以下の3つです。

  1. 装飾をする
  2. 画像を入れる
  3. 時間をおいて確認する

下でひとつずつ解説します。

1. 装飾をする

文章が完成しても、装飾ができていないとブログが見づらくなってしまいます。

  • 太字
  • 赤文字
  • 「かぎかっこ」
  • 箇条書き

などを使うと、とても見やすいサイトが作れます。

文字の装飾を使い過ぎると、逆に文章が読みにくくなってしまうため気をつけましょう。

ひとつの見出しに多くても2つくらいがおすすめです。

2. 画像を入れる

画像を使うことで、ブログをさらに見やすくできます。

文章だけだと飽きられる可能性がありますが、画像を使うと新たな刺激を与えることができます。

特に、大まかな内容を伝えるのに画像はとても役に立ちます。

ですが、あくまで画像は文章の補足に使うものなので、使いすぎて悪目立ちしないようにしましょう。

また、ブログのテーマ・内容に合わない画像を使わないように気をつけてください。

3. 時間をおいて確認する

ブログが書き終わったら、誤字・脱字など、内容のチェックは絶対必要です。

内容の確認は、2時間後や次の日など、間をおいてからするのがおすすめです。

時間をおいてからスマホで見ると、読者の目線で記事を見ることができます。

スマホでパッと見て、情報が理解できるような記事にしましょう。

直しを入れる場合は、以下の点に注意しましょう。

  • ひらがな・カタカナ・漢字の割合は適切で見やすいか
  • ですます調など、文体が統一されているか
  • 改行は自然になっているか
  • 誤字脱字がないか
  • 装飾は適切な使い方ができているか
  • その他読みづらい部分、わかりにくい部分はないか

全て終わったら、いよいよ記事を公開しましょう!

まとめ

ブログを書く場合には、以下の順序で取り組むべきだと覚えておきましょう。

  1. 想定読者、キーワード、構成を考える
  2. 読者が読みやすいように執筆
  3. 装飾
  4. 少しおいてから改めて確認

ブログ記事をつくるのに注意する点は多いですが、読者目線で書くことを忘れなければ、自然と他の部分も身についてきます。

毎日少しでも書き続けてひとつずつ身につけていってください!

コメント

  1. […] 【この一記事ではじめられる】ブログを書くうえで最低限抑えておきたい基本を解説しますhttp://www.otomodacchi.site/blog-write01/ 【超初心者向け】動画編集副業の副業は稼げるの?【月5万も可能です】 http://www.otomodacchi.site/?p=54 […]

タイトルとURLをコピーしました