【すぐ書ける】ブログが書けなくて悩んでる?一番大切なのは「書くこと」です

「ブログを始めたけど、書くことが思いつかない!」

「なんか今日はやる気がわかないなぁ」

「毎日なんて書いていられないよ」

今回はこのような悩みを解決していきます。

 

【結論】ブログを書けないならば、書いてる量が足りない

 

ブログが書けない最大の原因は「執筆量不足」です。

何事も継続が大切ですが、ブログも例外ではありません。

子どもはすぐに自転車には乗れません。何度も練習するからこそ、一人でペダルをこげるようになります。

ブログも同じです。まずは執筆を繰り返しましょう。

ブログが書けないときに試してほしいつの方法

 

ブログが書けないときには、以下のつの方法を試してみてください。

  1. リサーチをする
  2. 想定読者に向けて書く
  3. 書きやすいテーマで書く
  4. カンペキに書こうとしない
  5. 書く時間を決める

下でひとつずつ解説します。

リサーチをする

ブログが書けない場合、執筆に必要な情報が足りないと考えられます。

Google検索で上位にきている記事は、ブログの内容を考えるのにとても参考になります。

最初は上位記事をしっかり読み込んで、必要な情報を洗い出しましょう。

想定読者に向けて書く

想定読者に向けて書くと、ブログは書きやすくなります。

「知り合いの悩みを解決する」「過去の自分に向けて書く」など、想定読者を具体化すると、どんなことを書けばいいかはっきりしやすくなります。

ブログを書く際は「ある一人に向けて書く」ことを忘れないでください。

書きやすいテーマで書く

そもそも、自分にとって書きやすいテーマでなければ、ブログを書くのは大変です。

もし本業で営業をしているならば「商談のコツ」や「仕事内容の紹介」と言った内容が書きやすいはずです。

自分の経験・趣味・特技を存分にいかしましょう。

カンペキに書こうとしない

最初から完璧に書こうとすると、時間も負担もかかってしまいます。

まずは大まかな内容だけ書いてしまいましょう。そうすれば、あとは見直して清書するだけです。

先に内容だけでもまとめておけば「何を書けばいいかわからない」とはならなくなります。

書く時間を決める

「毎日この時間に書く」と決めるのは非常におすすめです。

ブログを書くことが習慣になれば、いつのまにか負担を感じずに執筆をすることができます。

「朝起きてすぐ」「寝る前の時間を使って」など、まとまって取れる時間を長がしましょう。

まとめ

 

ブログが書けない場合、ほぼ確実に執筆量不足なので、とにかく書きましょう。

それに加えて以下のポイントをあらためて意識しましょう。

  1. リサーチをする
  2. 想定読者に向けて書く
  3. 書きやすいテーマで書く
  4. カンペキに書こうとしない
  5. 書く時間を決める

まずはキーワードを決めて、すぐにブログを書きはじめてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました